PhotoLog

たんぶらびゅーあー
"Great honor to one who can give me a beer and assurance of life." (Henry V, Shakespeare) 『ビール一杯と命の保証さえ手にいれることができたら名誉なんてやってもいいんだけど。』(「ヘンリー5世」シェークスピア)
Who I Follow

大相撲名古屋場所9日目の18日、序二段の取組で、西53枚目の北斗と同57枚目の羅王丸(らおうまる)が初対戦した。

 人気漫画「北斗の拳」からしこ名を取った北斗。本当は下の名前も主人公と同じ「ケンシロウ」にしたかったそうだが、さすがに親方が許してくれなかった。

 羅王丸は本名が伊藤羅王。親が漫画のファンで主人公の好敵手「ラオウ」から名を取った。土俵際の投げで勝ち越しを決めた北斗は「力士としてより、北斗の拳のファンとして絶対に負けられなかった」。

周りには、新卒で入って1年も経っていないのにバイナリの固まりを見るだけでそのなかに埋め込まれたデータを的確に目視で抽出するような人や、再現性が恐ろしく低くなかなか原因がわからなかったバグを退治する手伝いをお願いしたら、1時間もしないうちに「だいたい原因はわかりました。xxxという関数のバッファが1バイト足りていないんだと思いますが、ちゃんと確認したいのでソースコード見せて下さい」という返事を返してくるような気違いみたいなバイナリアンが多く、どれだけ学んでも自分なんて追いつけない圧倒的な劣等感を感じさせてくれる会社でした。

(via ak47)

(via ak47)

海外刑事ドラマだとよく部屋のドア蹴破って突入とかするけど日本はないよね〜て何の気なしに母親に話したら「日本は自然災害が多いから何かあったときに逃げ口に向かって逃げられるようドアは外開きって消防法で決まってんの。だから外からは蹴破れないの。」て言われて衝撃とともに納得した…

ホテルオークラ東京「言葉遣いの基本」

基本1 単語止めで話を終わらせない

「これ、会議の資料」などの乱暴な言い方は同僚でも避ける。「これは会議の資料です」と、「です・ます」で丁寧に。


基本2 「が」止めで話を終わらせない

「話し中でございますが」と、文が途切れたまま終えるのは×。続けて「ご伝言を承りましょうか」など自分の対応を加える。


基本3 安易にカタカナの言葉を使わない

「佐藤様、フルネームをお願いいたします」は×。安易にカタカナ言葉を使うと、相手を不快にさせることもある。


基本4 熟語はあまり使わず、平易な話し言葉を使う

「離席」「出張中」など、硬い印象の熟語は避ける。「席を外しています」「出張しております」と、話し言葉で分かりやすく。


基本5 相手の使った言葉は別の言葉に置き換えない

相手が「リザベーション」と言ったのに、「予約」と言い返すなど言葉を安易に置き換えると、不遜と受け取られかねない。

口座名義人が死亡したら凍結しないといけないからいくら頼まれても触れなくなるんだよね。

で、たまにいるんだよ「うちの人が死んだんだけど下ろせますか?」って訊いてくる人。
「下ろせませんよ」って言うんだけど内心(あ~あ、言っちゃったよ。死んでるって言わなきゃ下ろせたのに)って残念な気分になる。

身内が死んだら何にも言わず即引き出せ、絶対言っちゃダメだぞ。

kotoripiyopiyo:

digg:

USEFUL AND RELEVANT (via)

へー

法政大学の越智教授の論文に海外論文が大量にあった。有害でないという検証、エロいものを見ることで犯罪が抑止される効果があるかどうか、オナニーしたら落ち着くということを科学的に検証する研究。

飽和療法satiation、マーシャル教授を中心にアメリカ西海岸で精力的な研究。好みのエロ本漬けにして犯罪する気をなくさせるという実験。通常の性犯罪者の再犯率が32%から14%まで落ちた。

もっとも効果が高いのはペドファイルで、ロリグラビアを大量に与えると再犯率は3%まで落ちる。去勢の再犯率は15%だということと比べると圧倒的。

アメリカの議会では取り上げられているのに、日本ではまったく取り上げられていない不思議。法務省の最新の治療方法についてのリストでも、飽和療法は載っていなかった。検討もされてない。